お部屋あったか!リフォームで暖炉のある家と設置のポイント

暖炉のある家にリフォームする場合に注意するべきこと

近未来の暖炉と後付け可能でお手軽な暖炉

海外の家を見ると冬と言えば暖炉のあるお部屋が定番です。
それを見て暖炉の前で家族の団らんにあこがれる人も多いと思います。
お部屋を暖めるだけでなく、炎のゆらぎは心理的にも癒し効果があるそうです。
今やオール電化や蓄電池などを取り入れた家が当たり前になってきていますが、自然の暖かさの魅力に惹かれて暖炉がある暮らしを選ぶ人が増えてきています。
時間を巻き戻したような民宿へ行くと、囲炉裏があって心が休まる気がします。
火は人の生活に密着していて、お部屋の灯りとして、毎日の食事を温め命をつなぐものとして扱われ、昔から火とともにある暮らしがいつの間にか石油ストーブや温風ヒーターに変わってきました。
お部屋の広さや目的に合わせて規模が違う暖炉を設置する場合には、どのような点に注目していけばよいのでしょうか。
暖炉の設置工事をする場合は、場所を決めて置けばよいだけのストーブなどとは違いお部屋の広さや暖房に適した壁材や床材なのかを調べて計画を立てます。
暖炉の大きさは暖め方や暖房の使い方によって変わります。
お部屋の広さに応じて暖房の前に最低限の暖炉の温度を保つ仕組みが必要なのです。
暖めるお部屋が広いとそれだけ火力の強い暖炉を選ぶことになります。
長い時間保ちたい場合は薪をその間燃やしますので薪の量が増えます。
たくさんの薪が入る中型から大型の暖炉が適当だということになってきます。
薪を燃やすと出てくるのは煙と二酸化炭素、煙道を確保しないと家の中に煙が充満してしまいます。
戸建ての二階建てと平屋では煙道の距離が違います。
設置する場所も近所の家の配置を考慮しなければ迷惑をかけることになるので慎重にプランニングしましょう。