お部屋あったか!リフォームで暖炉のある家と設置のポイント

>

火のある暮らし人の集まるところに暖炉とその効果

未来型の新しい暖炉

暖炉には薪がつきもの、木の爆ぜる音や炎に癒し効果があると言われています。
最新の暖炉は薪ではなく「バイオエタノール」という植物由来のバイオマス、とうもろこしやサトウキビ等を発酵させてつくったアルコールを用いたものがあります。
世界的にバイオエタノールが注目され、一時期とうもろこしの値段が高騰するなどのニュースで話題になりました。
枯渇が心配されている化石燃料を使わない再生可能資源で、カーボンニュートラルと言われている生成と燃焼のバランスが取れた燃料です。
最大の特長は薪のように燃やしても匂いや煙が出ないことです。
そのため煤が出ず煙突のための配管が不要です。
ただし燃えることにより水と二酸化炭素が出ますので換気はこまめにしましょう。
配管の大掛かりな工事がないおかげで、暖炉の後付けができるようになりました。
お部屋を暖める暖炉から炎をインテリアの一部として取り入れる新しい形の暖炉なのです。

暖炉の種類と設置の条件とは?

先に新しい形の暖炉をご紹介しましたが、従来の薪の暖炉のほかには電気式とガス式の暖炉があります。
電気式は炎がLEDなどで表現されていて、本物の炎そっくりに演出します。
設置方法は簡易据置式で材料は木材、家庭用電源の100Vで使えます。
安全性が高くオフシーズンでは片付けることができます。
メンテナンスいらずでリモコン操作が可能、お手軽暖炉です。
もう一つはガス式の暖炉です。
大きなガス式のファンヒーターのようなものです。
リフォームで建物の下地や構造は耐火素材となり、レンガ、石など不燃材を使用します。
点火や消火はワンタッチスイッチになっていて、開放式の暖炉では換気設備が薪と同様で必ず設けることになっています。
点火のための家庭用電源が必要なのと定期的な掃除を行います。
従来の薪の暖炉とガス式暖炉では、設置するお部屋の耐火素材の使用や吸排気のシステムを考えることが必須になってきます。


このコラムをシェアする